読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるべくまいにち

名古屋で暮らしてます

即興でうたをつくった

年末だし今年一年のことを振り返ってあれこれ、というのを書こうと思っているのだけれど、いざ書こうと思うとどうにも関係のないことばかり書きたくなる。

 

今日はとても空がきれいだ。昨夜は夜、ミソゲキのゲネプロを終えて外にでると、雨が降っていたようで、地面が濡れていた。少しまだぱらぱらと降っていた。先ほどみたばかりのとある劇団さんの作品を思い出したりなんかして、少し離れたところには名駅のツインタワーもそびえ立っていて、なんとなく空と地面を感じたりする名駅裏の景色なのだけれど、雨のしっとり感でいっそうなんだかここは地球のある一箇所なのだなあなどとぼんやり思う。一夜明けて今朝の空は窓越しに見てもなんだかやわらかくて、なんだか年末だな、という感じがいっそう増しているように感じる。

 

というわけで、朝から一曲つくってみた。

 

 

最近、即興ソングをときどきつくっている。

 

先日ライブで弾き語りに挑戦したのだけれど、それはこれとは別で、ひとり芝居でやっってきたような、なんというか「叫び系」だったのだれど、それを終えてから"やっぱり弾き語りは向いてないかもな"なんて思いながら、でも弾き語りへの憧れは捨てきれずに、作品をゆるやかにつくっていこう、という気持ちになった。

 

それで今は、ゆるやかにsoundcloudで曲をとっては載せてみている。

今の時代はすごいもので、この音はiphone5でとっている。特に特別な機材もなく、ただ本体マイクで、アプリ一つでポンととっている。意外と綺麗にとれていると思う。

そういえば中学生のころにも、当時はMDだったのだけれど、家のラジカセで録音してはとりためていたのだけれど、こんなにも気軽に容易くできるようになったのだなぁ、それも携帯ひとつで、と思うとなんだかすごい。

 

そんなわけで今月入ったあたりから徐々にとりためて、現在8曲になった。飽きずに続いているのが我ながらすごい。完全に一発録りで、歌詞もメロディーもコード進行も即興だ。だからというと言い訳になるが、ひどく音が外れている。さすがにちょっと恥ずかしいけれど、それでアップしないといよいよつくらなくなってしまうから、恥ずかしげもなく載せることにしている。

 

soundcloudの画像、見えるだろうか。ベランダからの今朝の景色をこれもまたケータイで写メったものなのだけれど(写メって"写メール"だからメール以外では誤用なのだろうか)、淡くてとてもいい色をしている空と町並みだった。それはケータイでとった写真でも伝わるだろうか。これは特に加工もなにもせずにパシャりととっただけのものだ。こんな景色がベランダから見えるなんてぼくは幸せものだなぁ、なんて大好きなこの部屋の景色を再認識した。

 

せっかくだから最後にもう一曲貼っておく。これはクリスマスソング。即興にしてはなかなか完成度高くできたと思う。