なるべくまいにち

名古屋で暮らしてます

ハゲ

男というのは、世の中に二種類しかいない。


ハゲか、そうでないかだ。


問題は、そのボーダーラインだ。


ハゲであるか否か、その明確な基準はない。おそらく。まさか「全日本ハゲ認定協会」みたいなものはないだろう。


どこからをハゲと認定するのかは、人それぞれだ。

おでこが少しキたらハゲとすることもできるだろうし、「けっこうキてるな」という方でも「薄いだけ」と主張していたりする。そのどちらにも、やはりはっきりとした答えは持ち合わせていない。


そう考えていくと、わたしたちは明確に「あなたはハゲている」と主張することができない。


つまり、ハゲは自己申告制なのだ。


ここでいま一度問いたい。世の男性諸君。あなたはハゲだろうか。あるいは今後、ハゲになるだろうか。


わたしは小さな頃からおデコが広い。しかしまだ、ハゲてはいない。そのはずだ。しかしながら、上のようなことを考えたあとだと、すこし自信がなくなってくるのだ。誰もが「ハゲだ」と思っているのに、「私はハゲてなどいない」というのはやはりみっともない気がする。


わたしはハゲだろうか。いつかハゲそうとは思っているが、ではいつからハゲだろうか。


未来にはいつだって、不安しかない。

広告を非表示にする