読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるべくまいにち

名古屋で暮らしてます

久しぶりにエレキギターを触ってみた

ときどき、こんなことないだろうか。

「時間を忘れて没頭してしまう」

色々ある。最近だと、WEBマンガをよく読んでいて、公開されているものを読み漁ってしまうことがあった。
一回あたりは1,2分で読めてしまうのだが、それも積み重なれば膨大な時間になる。ときが経つのも忘れて読みふけったのちにふと時計を見てびっくりする。

「なにやってんだ自分……」

思わず声に出してつぶやいてしまう。

***

思い出したようにときどきぼくが没頭するのは、ギターだ。

ふと思いついて一度手にとると、しばらく触り続けてしまう。

中学生くらいのときに独学で覚え始め、簡単なコード位まで弾けるようになったところから全く成長していないのだが、なんとなく"それっぽい"感じにはなるので、とくに何の曲と言うわけでもなくポロポロやる。

「今日こそ一曲つくってみっか」と思ってなんとなく鼻歌でメロディーをつけてみるが、ふわふわとどこかへ消えていく。歌詞もつけてみるが、大抵「今日のごはんはー、納豆ごはん〜」みたいな、その日食べたもの位しか浮かばない。こうして無数の曲が生まれては誰にも認知されることなく部屋の空気に溶けて消えていった。

こんなことを書いたのは、ギターを触ったからだった。それも珍しく、エレキギターを。もう10年以上前に買ったZOOMの安いマルチエフェクターを引っ張り出して繋いでみたのだ。

f:id:nagoyaman:20150605221747j:plain

これである。

当時(高校生くらい)のときは、「なんだよこれオモチャじゃねえか!もっとカッコよくギャーンと歪むやつが欲しいんだよ!」と思って全然使わなかった(というか、操作方法もよくわかってなかった)。結果買ったエフェクターはなぜかメタルゾーンだった。

BOSS Metal Zone MT-2

BOSS Metal Zone MT-2


こいつ、どうやら結構バカにされているらしい。当時のぼくもバカにしていた。誰だ、このエフェクターGLAYみたいな音が出るって当時のぼくに吹き込んだのは。少なくともぼくはこの二台と、あとこのあとなぜかワウペダルを買ってエレキギターに懲りたのだった。

***

久しぶりに写真のエフェクターであれやこれやといじってみた。

今になって、あの頃よりちょっとだがわかるようになった気がする。

あの頃はとにかく理想的な(つまり、あの頃のぼくにとっては"GLAYのような")音が出ることだけを思い描き、「出ないじゃないか!」とひとりで怒っていた。

今は「あ、これはこんな音が出るのか」といちいち素直に楽しめていた。成長した。


そうこうしてあれこれ試しているうちに、時間はいつの間にか過ぎていくもの。思っていたより随分遊んでしまった……(一応、試したかった目的は果たしたのでよしとしよう……)。

こういう類の時間を忘れて没頭してしまうのことは、なんにもならない非生産的な感じがあるが、まぁ、たまにはこういうのも悪くないかな。と。自分を納得させるのだった。

/////

f:id:nagoyaman:20150605224000j:plain

いよいよこれが、迫ってきてます。

エレキギターを触ったのも、これでの作品で使えないかな、と思って試したもの(まだ使うのかはわかりませんが)。

人形劇ということで、童心に帰ってつくってます。とはいえ"人形劇"といっても子ども向けというわけでもなく、むしろ大人向けの作品をつくってます。

つくっていて、普段の演劇作品ではなかなかない発見がたくさんで、たのしいです。ぜひご覧いただけたらと思います。

f:id:nagoyaman:20150605224557j:plain

詳しくはこちら↓