なるべくまいにち

名古屋で暮らしてます

3ピース・ポエトリー・バンド“白線の内側”はじめました

白線の内側というバンドを、昨年からはじめました。

f:id:nagoyaman:20160116131026j:image

キーボード、ドラム、そしてボーカルの代わりにことばと若干のからだを使った3ピース・ポエトリー・バンド。

バンドをやるのがずっと憧れで、これまでもバンド形態の作品を孤独部でやったりしてましたが、今回のがはじめてバンドらしいバンドな気がします。念願叶ったり!

メンバーを紹介します。

いちろー
f:id:nagoyaman:20160116131435j:image

劇団“廃墟文藝部”に所属し、名古屋の劇団を中心に多数の演劇作品に劇伴を書き下ろしている音楽家。

実は劇伴活動する前に一度うちに遊びに来たことがあって、そのときはまだ一緒にやるとは思っていなかったのですが、気づいたらガツガツ活動していた。「一緒にやりませんか」と声をかけて、白線の内側ができました。

劇伴のときだと先に作品のイメージありきではじまると思うので、白線の内側では彼主導になる楽曲も試みたりしています。



KANAMORIN
f:id:nagoyaman:20160116131516j:image

バンド“MoNoSiRo”や生花と即興演奏のパフォーマンスなどを行うKANAMORIN。彼とぼくとの付き合いは長く、孤独部作品で演奏を担当してもらったり、ふたりで即興的パフォーマンスをやったりしていた。(これが白線の内側の前身)
ギタリストで、白線の内側でも当初はギターだったんだけど、現在はドラムに変更。マルチプレイヤーです。

彼のバンド“MoNoSiRo”は、変拍子を多用しながらもポップさを失わない、独特のカラーをもったバンドです。最近のライブはめちゃかっこ良くなってる!んだけど、彼のMCがとてもふわふわしていて笑える。



かしやましげみつ
f:id:nagoyaman:20160116131530j:image

演劇作家でひとり芝居なども行う私、かしやま。
ひとりの時はどぎつい位に感情的に昂ぶったパフォーマンスをするぼく。白線の内側でもベクトルはそちらなんですが、二人の音楽のおかけで、ときにまろ味が出たり、ときに色のある絵になるようなイメージがあって、白線の内側では水をえた魚のようだと我ながら思います。
ひとり芝居による演劇作品では、かなり自分の実話による構成なのですが、“白線の内側”ではフィクションのお話に寄っています。これからはより白線の内側ならではの世界観を展開できたらと試行錯誤しております。おたのしみに!



以上3名による“白線の内側”、嬉しいことに今年のライブがすでに2本決まっております!
どちらもこれまでのライブでお声かけいただけたものなので、やってよかった〜という気持ちと共に、次は更にバージョンアップして挑もう!と意気込んでおります。


1/31(日)京都・木屋町DEWEY

昨年秋に鑪ら場×DEWEYの交換イベントにて遠征しましたDEWEYにて。呼んでいただけて嬉しい!


3/20(日)名古屋・金山ブラジルコーヒー

f:id:nagoyaman:20160117233947j:image


昨年12月に行ったKANAMORINとぼくとのツーマンライブ終演後に声をかけていただきまして、こちらのイベントに出演させていただくことになりました。初見だったと思うのですが、そんなぼくらに声をかけていただけるなんて……!ブラジルコーヒーはじぶんとしても初。たのしみです。


これら2本に向けて、1月入ってすぐにスタジオに入ったり、打ち合わせしたり。

f:id:nagoyaman:20160116130952j:image

ウェブも準備したりしております。
上記2本のライブ、どちらもご予約受け付けております!
まだウェブが整っておりませんので、孤独部webより孤独部(ぼく)までご連絡いただくか、Twitterなどからも受付中です。


今年も様々な活動に挑戦したいと思います!ぜひ観にお越しください!!