読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるべくまいにち

名古屋で暮らしてます

筋トレマインド

肩こりがひどい今日この頃。

先日はマッサージに行ってみたけど、まだ解決してない。

 

朝起きたら、「筋肉が足りないのでは?」とふと思いたって軽く腕立て伏せとスクワットをしてみた。

2,30回くらいしかしてないのに息が軽くあがった。運動不足を感じた。

不思議とそのあとは気分が軽くなった。筋トレはすごい。

ときどき耳にする筋トレマインドにのっとって、思いついた格言をかいとく。

 

自分を責めるな、筋肉を責めろ

「自分なんて……」というネガティブな気持ちになるとき、自分の精神を責めてしまっている。精神に筋肉はない。責めても強くなることは経験上ない。

どうせ責めるなら己の筋肉を責めよう。筋肉は応えてくれる。責められた筋肉はいずれ超回復し、よりタフになる。

 

他人を責めるな、筋肉を責めろ

一時期流行ったビジネス書「7つの習慣」の最初の方に、"インサイド・アウト"という考え方が載っていた(うろ覚え)。

周りに振り回される(アウトサイド・イン)のではなく、物事の原因は自分にあり、だから自分を変えようという思考(うろ覚え)。

 

例えば他人に当たりたくなったとき。

「お前のせいだ」ではなく、原因は自分にあるのだと考える。そして自分の行動を変化させようと思い直す。

では、変えるべき行動とはなにか?

それは物事によって色々あるが、一つ確実なことがある。

"自分の行動力をつける"ことだ。

行動するためには筋肉がいる。だから筋トレだ。己が行動できないのは、意思が弱いからでも考えが甘いからでもない。単純に筋肉がないのだ。

 

己の筋肉は、己を支えるためにそこにある

他人と比べるな、回数で競うな。

筋肉はただ己のためにそこにある。

美のためでも強さのためでもない、己の精神の支えのために筋トレをするのだ。

筋肉は自分の一部だ。可視化できる自分の一部だ。ただそこにある。精神のように曖昧で見えないものとは違う。

小さく細くても、たしかにそこにある己の支えだ。

 

……ということをシャワーを浴びながら考えていた。

 

 

広告を非表示にする