なごやで暮らしてる

名古屋在住アラサー男子の日記

なかなか本が買えない

本を買うのを渋ってしまう。

最近はめったに新品の本を買ってない気がする。ときどき本が読みたいサイクルがやってきて、そのときはAmazonの中古本で安いもの(だいたい送料含め300円〜400円くらい)のでそのときそのときに気になるテーマのものを、1〜2冊ずつちまちま買っては読み、買っては読みを繰り返す。だいたい2,3サイクルくらいすると飽きる。

ほんとは読みたい本があるのだけど、発売したばかりだったりして定価ーーだいたい2,000円くらいーーのものには踏ん切りをつけないとなかなか手が出ない。さっき久しぶりにポチったが、やはり必要性の比較的高い本。それでも、中古で数百円安くなってる方をポチってしまった。ちょっと読んでみたいくらいではなかなか定価の本に手が出ない。

一方で外食すれば1,000円くらいはちょっとしたランチでもかかっていたり、お出かけして1,000円、2,000円くらいはチャッと使ってる気がするので、それをちょっと控えたらトントンのはずなんだけど、なぜか本には渋ってしまう。

本の方がモノとして残るし自分への投資としていいような気がするのだけど、なぜだろう。

うちの本棚が、そのちまちま買った本でいっぱいになってしまったというのはあるかもしれない。そのせいで新しい本を置いとくスペースを確保するのが億劫なのかもしれない。読みかけの本もけっこうある。一度読みきった本って時々読み返したりするんだけど、買ったときに読みきれなかった本って試しに開いてもあんまり読む気しないんだよね……。

ちょっと処分した方がいいのかな。本を処分するのってなんか抵抗あるな。引っ越しの時とかに思いきって捨てたりしたけど、そういう機会でもないと本を処分する気にならないなぁ。

一度ゆっくり本棚の整理でもしようと思う。